​© 第10回放射光学会若手研究会

プログラム

2018年9月3-4日, 東京大学本郷キャンパス 

プログラムを一部変更いたしました。懇親会開始時間が変更になりましたのでご注意ください。
9月3日(月)

13:00 - 13:05 

「はじめに:研究会の趣旨」

小林正起(東京大学)

セッション1 :大量データの収集と処理【座長:木村隆志(北海道大学)】

13:05 - 13:35

「XFEL単粒子観測実験データ解析アルゴリズムの開発」
宮下治(理化学研究所)

13:35 - 14:05

「コヒーレントX線回折イメージング実験における高効率データ収集法の開発」
小林周(理化学研究所)

14:05 - 14:35

「SACLAのデータ解析環境と溶液中試料のナノイメージング」

城地保昌(高輝度光科学研究センター)

14:35-14:50

コーヒーブレイク

セッション2:データ科学と計測の融合 1【座長:小林正起(東京大学

チュートリアル講演1

14:50 - 15:30

「データ同化:シミュレーションと実測データを融合するデータサイエンス」

三好建正(理化学研究所)

15:30 - 16:00

「第一原理計算と機械学習を用いたXANESの解釈」

溝口照康(東京大学)
 

16:00 - 16:30

「機械学習による光電子分光からの自己エネルギー再構成と有限温度分光学スペクトルの計算科学」

​山地洋平(東京大学)

16:30 - 16:45 

​写真撮影&コーヒーブレイク

チュートリアル講演2

16:45 - 17:25

「次の「当たり前」をデザインする 〜HCI研究がお手伝いできること〜」​

矢谷浩司(東京大学)

17:40 - 19:40

懇親会

9月4日(火)

セッション3:放射光先端計測技術 【座長:和達大樹(東京大学)】

9:00 - 9:30

「Diamondにおける最先端ARPES:計測技術と高効率化」

岩澤英明(広島大学)

9:30 - 10:00

「イメージングXAFS法による固体触媒材料系の化学状態可視化」

 石黒志(理化学研究所)

10:00 - 10:30

「ガウス過程回帰によるX線スペクトル測定の適応型実験デザイン」

上野哲朗(量子科学技術研究開発機構)

10:30 - 10:45

コーヒーブレイク

 

10:45 - 11:15

「スパースモデリングを活用したコヒーレント軟X線回折磁気イメージング」

山崎裕一(物質・材料研究機構)

11:15 - 11:45

「情報科学を活用したコヒーレントX線イメージングの新展開」

高橋幸生(大阪大学)

11:45 - 13:00

昼食

セッション4:バイオインフォマティクス【座長:山田悠介(高エネルギー加速器研究機構)

チュートリアル講演3

13:00 - 13:40

「生物学 X ​インフォマティクス:これまでの30年とこれから」

岩崎渉(東京大学)

13:40 - 14:10

「X線結晶構造解析から得られたタンパク質立体構造データの網羅的情報解析による知識抽出」

千見寺浄慈(名古屋大学)

14:10 - 15:10

ポスターセッション&コーヒーブレイク

プログラムはこちらをご参照ください <<ポスターセッション>>

セッション5:データ科学と計測の融合 2【座長:山崎裕一(物質・材料研究機構

15:10 - 15:40

「物理計測により得られる物質科学の画像データについて準粒子干渉実験の圧縮センシングから考えること」

中西義典(東京大学)

15:40 - 16:10

「放射光データからの情報抽出」

小嗣真人(東京理科大学)

16:10 - 16:40

「効率化と理解の観点からみる物質データに対する機械学習の応用について」

安藤康伸(産業技術総合研究所)

 

クロージングセッション
16:40​ - 17:10

​「総合討論:放射光と計測インフォマティクスの融合を推進するには」

進行:山崎裕一(物質・材料研究機構)、小林正起(東京大学)